クラッシュ
先日、バリアクラッシュを見学してきました。
損傷波及が良く確認できた、事故車修理には、計測器が必要
かな??と感じている。
ジグ修正機は勿論、四輪アライメント測定していますが、
現在の条件対応しているスポット溶接機を使用していますが
更なる設備投資が必要になってきますね、「アウダ爺」さん.
私達は、お客様の命を預かる会社だから、仕事のひとつが
安全に直結していることを忘れずに、お客様の安全・安心に
責任と使命をもって仕事にあたりましょう。
此方は、桜が満開です。
【2014/04/09】  この記事のURL | 社長のひとりごと | コメント(0) | ▲ top
<<経験1年のスタッフが・・・・・ | メイン | 超高張力鋼板の溶接>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |