高張力鋼板パネル
高張力鋼板のパネル鈑金は、上手な鈑金屋さんと下手な鈑金屋
さんの違いは、塑性変形と弾性変形の見極めの差が違うだけ
で、叩く前にしっかり見極めが大事です。
次に、何時も言いますが、何処から着手するかです、順番は、
ワン、ツウ、スリー、の順ですね、順番を間違えると直る物も
直らない、直りますが、時間が掛かります。
パネルにあまり熱を掛けないのがコツかな?
絞り作業で水で冷やすより、エアーの方がベストですね、
水で急冷すると高張力鋼板の分子が崩れ硬化しますね。
【2011/09/05】  この記事のURL | 鈑金 | コメント(0) | ▲ top
<<なでしこJAPAN | メイン | 台風12号>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |