枡の歴史
容積を測る容器として、人々の生活に欠かせなかった枡、節分
の豆まきや、祝酒を飲む器としても使われています。
枡の歴史は古く、使われていた枡は各地域によって異なってお
り、豊臣秀吉が始めて枡の容量を統一したそうです。
枡作りの原材料はヒノキで作られ、香りもよいが、生産量も
次第に減少してピーク時の3分の1にまで減ったそうです。
日本の文化が・・・・・・・・
【2011/01/29】  この記事のURL | 社長のひとりごと | コメント(0) | ▲ top
<<挨拶と明るい笑顔 | メイン | お客様からの紹介>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |