「AED」
「AED」、最近、駅やデパートなど、人が多く集まる
場所に「AED」の看板を当たり前のように見かけるように
なった。
「AED」は自動体外式除細動器のことで、重篤な不整脈に
よって止まってしまった心臓に電気ショックをかけ、救命
するための機器です。

使用する時は、電電を入れると音声ガイダンスが始まり、
使い方を指示してくれます。
指示どおりに電極パッドを胸に貼り、点滅するボタンを
押すことで電気ショックがかかります。

パッドを貼ると不整脈を自動的に解析してくれるので、
必要のある時だけ作動し、必要がない時には電気ショック
はかかりません。
そのため、誰でも安全に使用することができます。
低電圧研修でも救急で習いましたね。私も不整脈なので
気お付けなければ・・・・・・目の前で倒れたら救助お願いします。
【2010/09/30】  この記事のURL | 社長のひとりごと | コメント(0) | ▲ top
<<救急の備え | メイン | そよ風>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |