忘れる
歳をとるたびに いろんなものを
忘れてゆくような 気がする
人の名前 幾つもの文字
思い出の数々 それを寂しいと
思わなくなったのは どうしてだろう
忘れてゆくことの幸福 
忘れてゆくことへの あきらめ
ひぐらしの声が 聞こえる

【2010/08/03】  この記事のURL | その他 | コメント(0) | ▲ top
<<挨拶は | メイン | 一週間に熱中症で>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |