自然の恵みに感謝
「高校生の一言。」
 欲しいと思えば簡単に食べ物が手に入る時代、食べ物への
感謝が薄れてきているように感じる。
給食時間に「いただきます」「ごちそうさま」をクラスのほと
んど言わず、「手すら合わせない」。
大きな声で毎日言ってるのは先生だけ。
中学生や高校生たち「感謝の心」を・・・・・・・・・・
【2010/07/24】  この記事のURL | 社長のひとりごと | コメント(0) | ▲ top
<<孫が順調に | メイン | 厳しい暑さが続く日本列島>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |