消化管の中の食べ物の流れ
1、{食堂から胃へ}
   口から入った食べ物は、30~60秒で、食堂を
   通過して胃へ送られます。
2、{小腸では}
   食べ物の栄養素と水分がほとんど吸収され液
   状になります。
3、{大腸内をゆっくり移動}
   液状になった食べ物のカスは、ゆっくりと移動
   してる間に腸内細菌によって分解されます。
4、{S状結腸で固形化}
   約12時間かけて到着した食べ物のカスは、こ
   こで徐々に固形化していきます。
   食後約18時間後に直腸へと送り出されます。
5、{直腸の動き}
   食後約24~72時間くらいで便がたまります。
   便がたまったという信号が脳に送られて便意
   がおこります。
6、{便の排出}
   直腸が収縮して、肛門括約筋がゆるみ、便が
   排出されます。
先日の、勉強会の続きです・・・・・・健康第一です
【2015/10/29】  この記事のURL | 社長のひとりごと | コメント(0) | ▲ top
<<消化管の中の食べ物の流れ NO-2 | メイン | 第10回中部ブロックアウダ会>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |