厳しい状況の車体整備業界
益々、厳しい状況の車体整備業界ですが、交通事故
件数の減少や、車の進化による技術の高度化により、
激変期に突入しようとしている。
多くが厳しい事態に直面することが想定されているが
この現状で生き残ることが出来れば大きなチャンスに
もなる。
厳しい状況でもしっかり投資を・・・・・と考えている。
【2015/10/08】  この記事のURL | 社長のひとりごと | コメント(0) | ▲ top
<<平成27年度 車体整備合格 | メイン | パネルボンド研修>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |